芸術と音楽、美と教養 | art&music&beauty&intelligence

芸術と音楽、美と教養

art&music&beauty&intelligence

カツラでなく増毛剤・増毛スプレーを選ぶ?

以前にかつらメーカーの仕事をした時のことだ。
育毛メニューを一通り受ける体験をした。
様々なマッサージ器や刺激を与える最新機器が出てきたが
とにかくまだ薄毛でなかった私も、心地よい時間を過ごすことができた。
しかし、施術を終え、メニューの価格が20000円弱だと聞いたとたん・・・
何と薄毛の人はこんなに払って定期的ケアをしているのだと驚いた。
様々な育毛剤が売られているが、今では増毛の薬も病院で処方してもらえる。
少しづつカツラに対するイメージも変わってきて
結構、私の周りはおおっぴらに禿げを笑いにしている友人も多い。
カツラにするなら薄毛をカバーできる増毛剤程度で我慢しておく方が
個人的にはいいと思う。ヘアスプレー間隔で細い繊維が出てくるのだが
整髪料感覚で使えるので、カツラ程プレッシャーはかからないと思うのである。
私もそろそろ薄毛が気になり始めている。
増毛剤・増毛スプレーを利用する日も近い・・・


投稿日: 2014年1月8日

いざイケアへ

本当に久しぶりにイケアに行ってきた。
イケアはやはり日本の家具屋に比べ
デザイン力や売るための演出力に長けている。
様々なテイスト・テーマであしらった部屋のの提案ブースがズラリと並ぶ。
一人暮らしの6畳部屋もなんだか楽しく優雅な暮らしができそうに感じてくる。
目的の電気スタンドを購入後、少し疲れたので飲食コーナーへ。
こういっては何だが、ファーストフード的な食品メニューのように感じるのだが
何故か美味しそうに感じてくる。イケアのマジックだ。
店のセンスは商品力や販売力などトータルなマーケティングで
なかなかまねしようとしてもできないと思う。
日本の家具屋にも是非、オリジナルの世界観作りを努力してもらい
私たち消費者を楽しませてほしいと思う。

投稿日: 2013年12月11日

感熱紙のレジロール紙(レシート)

買い物をするといつもついてくるレシート。
あの紙の年間の消費量はいくらくらいになるのだろうか?
誰の財布にも1枚や2枚あるだろう。
小売業にとって経費だから安いにこした方がいいい。
こちらの感熱紙レジロールペーパーのサイトはかなり安いと思う。
ここで確認すると、レシートの世界の汎用サイズは58mmだそうだ。
ただし業種によっても規格サイズがあるようです。
大量に消費されるそのもったいなさを考えともっと何か有効活用できないかと考えてしまった。
役所などと提携して、街のニュースや選挙への呼びかけなど・・・
1企業の情報ではなく、地域社会に根付いた情報など、うまくジョイントで切るといいと思う。

投稿日: 2013年10月31日 |

男性が老いを感じるのはどんなときか?

少し走ると息切れしてしまう。
老眼を感じ始めた。
お酒の量が少なくなった。
どれも、ある程度当てはまるだろうが、やはり最大に感じるのは男性としての生殖機能が低下したことを感じたときではないだろうか?
医薬品のチカラを借りることも現代ではある程度抵抗がなくなってきているとは言え
私の友人はささやかな抵抗として精力剤や滋養強壮ドリンクをあれこれ試して
気分的に何とか老いが止まるのではと、毎日のように飲んでいるのです。
そのような出会いや機会が無いのにである・・・・
この男としての老いを受け入れた時点で男として終わってしまう気がするである。
ささやかな抵抗を試みているという意識こそ男性としてのアイデンティティーを保つ手段なのであろう・・・

投稿日: 2013年8月22日

商品の基本機能とフォルム

ある特定の商品のフォルムはその商品の基本的機能・役割に
ある程度依存する。
車は基本4つの車輪に横から見ると前と後ろが細い。
グラスのフチは基本的に丸い(飲みやすいからだろう・・)
様々な時代のデザイナーたちは革新的なデザインを産もうと
あれこれと試みるけれど、この基本的機能の制約からはなかなか逃れられない。
しかし、その制約があるからこそ
そのルールの中でデザイナーは苦悩し、新たなアイデアに刺激するのである。

投稿日: 2013年6月18日

ホッチキスの芯

私はホッチキスを毎日使っている。
芯がなくなればもちろん替え芯を入れる。
しかしよくよく考えるとこの芯のコの形といい
最初は束になっているがホッチキスを押すと
1つ1つが紙に入って閉じられるというこのい不思議さ。
世界各国の家に1つさりげなく置かれていて・・・
まるで消耗品で注目を浴びることが少ない芯になぜか
偉大さを感じてしまった。

投稿日: 2013年6月6日

八頭身は本当に美しいか?

はっとう‐しん【八頭身・八等身】とはが顔の部分の長さのおよそ身長の8分の1であること。
均整のとれた、女性の理想のスタイルとされる。
確かに美しい。というよりは・・
顔が小さいというだけで、何故か人の心を好感度のベクトルに印象を誘導する。
顔が小さいことはなぜ美しいのだろうか??

投稿日: 2013年6月4日

黄金比率に関して

黄金比はパルテノン神殿やピラミッドといった歴史的建造物、美術品の中に見出すことができるという。また、自然界に存在し、植物の葉の並び方や巻き貝の模様中にも見られるそうだ。
その真意はともあれ・確かに私たちは日常の中で
綺麗な女性や美しいフォルムの車など共通して共感できるものが多い。
人が安定できる認識のバランスが存在することは確かだ。
生き方や仕事の中にも
黄金律のような美学が存在する。

投稿日: 2013年6月4日

陰と陽の美意識

整然と並べられたものは美しい
でもそればかりでは飽きてくる。
乱雑で壊わした中にやがて美を見出す。
対象物は綺麗だが、非対象物も綺麗だ・・・
乱れたものは整然さにスポットを当て
きれいな法則の中で異質さは魅力的に感じる。
常に相反するものの存在の中で
美は存在しているのだと思う。

投稿日: 2013年6月4日